イワナの梅シソ巻き

イワナの梅シソ巻き

イワナの梅シソ巻き

メインディッシュ
前回に引き続き、御飯のおかずに合うようなイワナの料理レシピです。
梅とシソを叩いてペースト状にした物を、岩魚の身で巻いて焼き上げました。
このレシピはイワシでよくやっているのですが、今回はそれの岩魚バージョンです。
イワナは淡白な身なのですが、皮に若干の癖がありますが、梅の酸味とシソの香りがそれを和らげ美味しくなります。
疲れている時や食が進まない時などは梅の酸味が食欲を増進してくれるので良いかもしれません。

前回に引き続きプチ自慢ですが、画像の皿はワシの陶芸作品ですw
中々良い皿でしょ?(自己満足していますw)

材料(2人分)

  1. イワナ=22cm程度の物3匹
  2. 梅干し=無添加で塩分10%の物1個
  3. シソの葉=4枚
  4. 塩=適量
  5. 薄力粉=適量
  6. 菜種油(又はサラダ油)=大匙1杯弱
栄養価(1人分)

  • カロリー:約91.5Kcal
  • 脂肪分:約5.6g

今回使用している梅干しは、ヒマラヤ岩塩使用無添加白干し梅干し(塩分10%)です。
ハチミツや余計な調味料が入っている梅干しモドキでは美味しく出来ません。
必ず塩のみで漬けた梅干し(又は塩と赤シソで漬けた物)をお使いください。

レシピ(調理時間: 下処理

梅とシソを叩いてペースト状にする

梅とシソを叩いてペースト状にする

  1. イワナの身は、予め三枚におろし、軽く塩を振っておきます。
  2. 梅干しは種を取り、シソの葉と一緒に包丁でたたきペースト状にします。

イワナの身に梅シソペーストを塗る

イワナの身に梅シソペーストを塗る

  1. 三枚におろしたイワナの身に、梅シソペーストを塗ります

ペーストを塗った身を丸める

ペーストを塗った身を丸める

  1. 梅シソペーストを塗った身を、頭側の方から丸めていきます。

出来れば爪楊枝などで止めたい所ですが、岩魚の皮は硬いので爪楊枝が刺さりませんので止め終わった部分を下にしておきます。


薄力粉を塗す

薄力粉を塗す

  1. 丸めたら薄力粉を全体に満遍なく塗します。

中火で焼き上げる

中火で焼き上げる

  1. フライパンに油を入れて中火にし、巻き終わった部分を下にして焼き始めます
  2. 下側が良い色に焼けたら崩れないように返し、全体を焼き上げれば出来上がりです。

イワナの梅シソ巻き

イワナの梅シソ巻き

焼き上がったら温めて置いた皿に盛り付けて完成!
梅の酸味とシソの香りで美味しく出来上がりますよ♪
御飯のおかずにも合いますし、酒の肴にも良いと思います。
ただ、使用する梅干しは必ず無添加の塩だけで漬けた物を使用してください。
ハチミツや余計な調味料が入った偽物の梅干しモドキでは美味しく出来ません。
まぁ、好みでしょうけど・・・
と言うか、最近まともな梅干しを入手するのが難しくなってきましたが・・・
今年は数年振りに自分で梅干し作ろうかな。。。

 based on 6 customer reviews

コメントを残す