本格的な肉汁たっぷりの小籠包(ショウロンポウ)の作り方 レシピ

メインディッシュ

本格小籠包

本格小籠包

通常の小籠包(ショウロンポウ)は、トリガラやトンコツのスープで豚の皮を煮込み、トロトロになった物を冷やして煮凝りを作ります。
しかし煮凝りを作るだけで6時間近く掛かります。
小籠包(ショウロンポウ)を作りたいけど中に入れるスープを作るのは面倒と言う方に煮凝りの代わりにゼラチンを利用してちょっと手抜きをした小籠包(ショウロンポウ)のレシピを紹介します。
手抜きをしてもスープが美味ければ出来上がりの問題は無し!
かなり本格的な小籠包(ショウロンポウ)が作れます。
言っちゃなんだけど、横浜や神戸の中華街でも結構手抜きをしている店が多かったりします…(汗)
てな訳でレシピをば。。。f^^;
(このレシピは2004年1月に食いたい魚は己で釣れ!に掲載していた物を移動しました)

材料(10個分

栄養価(100g中)

  • カロリー:約169Kcal
  • 脂肪分:約1.9g

    【小籠包(ショウロンポウ)の皮】

  1. 薄力粉:150g
  2. 強力粉:50g
  3. 塩:ひとつまみ
  4. 砂糖:小さじ1
  5. ドライイースト:3g
  6. ごま油:大匙1
  7. ぬるま湯(40℃):100cc
  8. 【餡(中身の具材)】

  9. 豚ひき肉:150g
  10. たけのこ(小):半分
  11. しいたけ:3個
  12. 生姜:1欠け
  13. にんにく:3欠け
  14. ごま油:大匙1
  15. 老酒(または紹興酒):大匙2
  16. オイスターソース:大匙1
  17. 【スープ(煮凝りの代わり)】

  18. 鶏ガラ:2羽分
  19. 玉ねぎ:1個
  20. ニンニク:1房
  21. その他余り野菜適量
  22. 粉ゼラチン:3g
  23. しょうゆ:小さじ1
  24. 塩:1つまみ
  25. 老酒(または紹興酒):大匙1
  26. 生姜(ショウガ):適量

レシピ(調理時間: 下処理: / 計:

煮凝りスープを作る

トリガラスープを作る

トリガラスープを作る

  1. 深めの鍋にトリガラ2羽分をいれ、水をヒタヒタになるぐらいに入れ火にかけます
  2. 香り付けのために、玉ねぎ・しいたけ・にんにく一房、他余り野菜などを入れ、沸騰してきたらとろ火にして灰汁を取りなが4~6時間程煮込みます。

この工程も面倒な場合は、市販の固形スープでヨロシク


煮凝り

煮凝り

  1. 出来たスープ120ccに、塩・醤油・紹興酒で味付けをし、最後に細かくみじん切りにしたショウガを加えます。
  2. 味付けしたスープに粉ゼラチンを3g入れてとろ火にかけて溶かします。
  3. ゼラチンが溶けたら常温で荒熱を取り、冷蔵庫で冷やして固まらせます。

固まった物を餡に混ぜて蒸すと、ゼラチンが溶けてスープになります。

コメントを残す