ブランド豚の東京エックスの背脂で作るラードの作り方

調味料

東京Xの背脂で作るラード

東京Xの背脂で作るラード

突然ですが… 肉屋さんのコロッケって物凄く美味しいと思いませんか?
材料なんかもそうだと思いますが、家庭料理と違うのは何て言っても揚げ油!
そう。肉屋さんはラードで揚げ物をしているのです。
と言うわけでワシの家でも揚げ物はラードを使用しています。
でもただのラードじゃありませんよ♪ 黒豚や東京X(トウキョウエックス)のラードを使用しています。
黒豚のラードはコクがあり、東京X(トウキョウエックス)のラードはサッパリと仕上がります。
そしてラードはサラダ油などの植物油よりも沸点が高い!
要するに温度が高く出来るので、揚げ物がカラッと揚がるのです。
てな訳でラードの作り方をお教えします。(って、簡単だけど…f^^;)

材料(約850グラム分

栄養価(100g中)

  • カロリー:約941Kcal
  • 脂肪分:約100g

  1. 豚の背脂=1Kg
  2. 水=30cc程度

レシピ(調理時間: 下処理: / 計:

背脂を細かく切る

背脂を細かく切る

  1. ラードを細かく切ります。1cm角程度の大きさでOKです。

今回使用しているのは東京X(トウキョウエックス)のラード。
肉屋さんにもよりますが、1KGで百円程度で手に入ります。
が、購入する時に何故か笑われたりします…(苦笑)


切ったラードを中華鍋に入れる

切ったラードを中華鍋に入れる

  1. 中華鍋に30cc程度の水を入れ、沸騰させたら細かく切ったラードを入れます。
  2. ラードを入れたら火は弱火にします。
    ラードが解けて温度が高くなるに連れ、鍋底の水は蒸発して無くなります。

ですので使用する鍋は中華鍋に限ります。
普通の鍋だと底が平らなので水を余分に入れなければいけないため、中々水分が蒸発しません。


東京Xの背脂で作るラード

東京Xの背脂で作るラード

  1. ラードが茶色くなり、水分の飛ぶパチパチと言う音がしなくなったらOK。
    出来たラードを網で漉すか、上に浮いている茶色いカスを取り除けば出来上がりです。

こいつで揚げ物をするとメッチャ美味いですよ~♪
個人的には黒豚のラードが一番お勧めなのですが。。。
物が物だけに中々手に入りませんf^^; (偽黒豚なら手に入るけど…)
ラードは冷えると白く固まりますので保存は暖かいうちに金属か耐熱の容器に移すと良いです。
使用できる期間ですが… 正確には分かりませんf^^;
ワシの所では5回程度使用したら廃棄しています。
揚げ物や油物を作る機会が多いのですが、約2~3週間以内には廃棄しています。
(って、目安にならないかなぁ…f^^;)

因みに漉した脂カスですが、醤油をぶっかけてご飯に乗せると美味しかったりしますw

 based on 1 customer reviews