2017年のクリスマスも鴨のコンフィにしますw

キュイスドカナールをブライン液に漬けこむ

キュイスドカナールをブライン液に漬けこむ

何だかんだと2017年もアッと言う間に終わってしまいますねぇ~
そして今年もまたクリスマスがやってくるわけで・・・
今年のクリスマス料理のメインはローストチキンかローストターキーにしようか、はたまたローストビーフかと散々迷っていたのですが、昨年に引き続き今年も鴨のコンフィにすることになりましたw
昨年のキュイスドカナールは、注文した時期が遅かったせいも有りハンガリー産になってしまいましたが、今年はフランス産のシャラン鴨を入手しました。
ちょっと気が早いけど、只今仕込み中ですf^^;
今回はコンフィにした後1週間程寝かせておこうと思います。
で、世間様で炊飯器で色々と作っているのを参考に、今年の鴨のコンフィは炊飯器で作ってみます。
上手く出来るかどうかは後の楽しみってことでw

炊飯器の保温機能って製品毎に若干違いがあると思うのですが、我が家の炊飯器の保温温度を測ってみた所、保温温度は73度でした。
80度近くは欲しい所ですが、その辺りは時間で調整してみます。
てなわけでレシピはまた後程!

待ってられないって方は鴨のコンフィ 晩白柚ソースに掲載したレシピを参考にしてくだされ。

あとは、今年はどんなソースにするか考えなければ・・・

追記
鴨のコンフィはフォアグラを添えて、結局オレンジソースにしましたw
レシピは鴨のコンフィ フォアグラ添えに掲載しましたのでご参考まで♪