グラス・ド・ビアンド

グラス・ド・ビアンド

グラス・ド・ビアンド

フォンドヴォー作りから7日目、1番フォンと2番フォンを合わせて5リットル程だった物が、7日目にして2リットル程まで煮詰まってきました。
色もなかなか良い感じです。
もう少し煮詰めるとグラス・ド・ビアンドになりますがどうするか・・・
いっそこのまま全てをドミグラスソースにしてしまおうか迷ってますf^^;
グラス・ド・ビアンドとは、フォン・ド・ヴォーを煮詰めて濃縮させたものの事で、ソースのベースとなります。

ちなみに今回使用している材料は、ヴィールボーン2Kg(多分オーストラリア産)、国産牛スジ肉1Kg(ゼラチン質が多く脂が少なめの物)玉葱3個人参2本セロリ1本ホールトマト4号缶1缶赤ワイン800cc程度ニンニク(青森産6片種)1玉です。

作り方は以前に掲載したフォンドヴォーの作り方とほぼ同じで、若干材料と作っている時間が違うぐらいです。

まぁ、今回は今年のクリスマスに間に合うように作っていますので、今からドミグラスソースを作ろうと思っている方は間に合いませんから、オックステールシチューの作り方か、または牛ホホ肉のシチューのレシピを参考にすれば1日半程度で出来上がりますのでそちらをご参考に作ってみてください。

と言うわけで後数日後に仕上げて今回もホホ肉のシチューかなf^^;
って、中に入れる肉を未だ考えてなかったりしますf^^;
タンシチューも良いなぁ・・・

で、結局牛ホホ肉のビーフシチューになりましたw

コメントを残す