ベニソンシチュー(鹿肉のシチュー)レシピ

ベニソンシチュー(鹿肉のシチュー)

ベニソンシチュー(鹿肉のシチュー)

クリスマスディナーで作った鹿肉のコンフィ自家製ベーコンを巻いたローストが半分残っていたので、コイツを再利用したシチューのレシピです。
英語圏ではベニソンシチュー(Venison Stew)なんて言いますな!
時間を掛けて煮込んだ鹿肉はナイフがいらない程柔らかく、とても美味しいシチューになります。

材料(2人分

メインディッシュ

栄養価(100g中)

  • カロリー:約70.3Kcal
  • 脂肪分:約1.45g

  • 鹿ロース肉=260g鹿肉のコンフィ自家製ベーコンを巻いたローストの余りです)
  • ドミグラスソース=360g
  • フォンドヴォライユ=230g
  • 赤ワイン=100cc
  • ニンニク=1粒
  • 醤油=小さじ1程度
  • オリーブオイル=大匙1程度
  • ニンジン=5cm程度のシャトー型に切り分けた物4つ
  • ジャガイモ=1個
  • ブロッコリー=適量
  • ベビーコーン=2本
  • マッシュルーム=4個

【ここで使用している肉、調味料類】

レシピ(調理時間: 下処理: / 計:

鹿肉の表面を焼き固める

鹿肉の表面を焼き固める

  1. 鹿肉を厚さ2cm程度に切り分け、オリーブオイルを入れたフライパンで表面を焼き固めます。

今回は鹿肉のコンフィ自家製ベーコンを巻いたローストの余った物を使用していますので、切り口だけを焼き固めています。


焦げを赤ワインでこそげ落とす

焦げを赤ワインでこそげ落とす

  1. 肉を焼いたフライパンには旨みが残っていますので、分量外の赤ワインを注ぎ入れ、木べら等で焦げをこそぎ落して鍋に入れます。

ドミグラスソースで煮込む

ドミグラスソースで煮込む

  1. 表面を焼き固めた鹿肉、包丁の腹で潰したニンニク、ドミグラスソース、フォンドヴォライユ、赤ワインを入れて、極弱火で3時間煮込みます。

鍋の蓋はせずに、出来る限りの弱火で煮込み、途中水分が飛び過ぎる様なら赤ワインを少し足してください。

市販のデミグラスソースをお使いの場合、デミグラスソース100%でも良いかもしれません。


野菜を入れて30分煮込む

野菜を入れて30分煮込む

  1. 3時間経過すると画像位に煮詰まってきます。
    味見をして塩分が足りないようでしたら醤油や塩で味を調え、ブロッコリーとベビーコーン以外の野菜を食べやすい大きさに切って入れ30分煮込みます。

召し上がる30分前に野菜を入れれば丁度良い感じに煮上がります。


ベニソンシチュー(鹿肉のシチュー)

ベニソンシチュー(鹿肉のシチュー)

  1. ブロッコリーとベビーコーンは盛り付ける直前にボイルするかレンジで30秒ほど過熱し、温めた皿に出来上がったシチューと共に盛り付けて完成です。

元の鹿が美味しかった事も有りかなり美味しく出来ましたが、鹿肉のコンフィ自家製ベーコンを巻いたローストの時よりも鹿自体の香りは強くなった気がしました。
シチュー単体でもとても美味しいですが、パスタ(ペペロンチーノ)と合わせるとこれがまた絶品!
3時間半煮込んだ鹿肉は、ナイフなどいらない程ホロホロに柔らかくほどけて行きます。

仕上がりはデミグラスソースの味にかなり左右されると思いますので、野菜を入れるタイミングで味を好みに調えてくださいね!
少しぐらい味に角が有る感じでしたら、野菜を入れて30分ほどすると味はまろやかになってくると思います。
鹿肉料理ではお勧めの一品です♪

 based on 9 customer reviews

コメントを残す