圧力鍋で作る豚スペアリブの中華風煮込み

豚スペアリブの中華風煮込み

豚スペアリブの中華風煮込み

メインディッシュ

今回は男子に好まれるであろう、ガッツリ系の料理です。
たまにこういう味付けの濃いガッツリした物が食いたくなるんですよねぇ~
って、ワシは男子ではなくジジィですが何か?(汗)
以前にも豚軟骨の台湾風柔らか煮込みポークリブの中華風煮込みのレシピを掲載していますが、材料と調味料が若干違う程度で作り方はほとんど同じです。
今回はカロリーOFFになるように、甘味料にはハチミツと黒砂糖を使っています。
ジジィになるとね、気になってくるのですよカロリーがf^^;
ハチミツと黒砂糖は、上白糖より少ない量で甘さを感じますので、カロリーオフになると共にミネラルなども豊富に含まれていますので、カロリーが気になる方には良いですよね!

材料(2人分)

栄養価(1人分)

  • カロリー:約698Kcal
  • 脂肪分:約9g

  1. 豚スペアリブ=550グラム
  2. 紹興酒=400cc
  3. 醤油=180cc
  4. 本みりん=50cc
  5. 黒砂糖=50グラム
  6. はちみつ=20グラム程度
  7. ニンニク=青森産6片種1粒
  8. ショウガ=ニンニクと同量
  9. 鷹の爪=2本
  10. 八角=2個
  11. カブ=1個
  12. キャベツ=3枚程度
  13. 玉ねぎ=半分程度

今回使用している食材と調味料
豚スペアリブ=神奈川県産高座豚のスペアリブ
紹興酒=陳年五年紹興酒 花彫酒 640ml
醤油=飛騨高山ファクトリー 本醸造醤油
本みりん=旭富士 手造り本みりん
ハチミツ=桜井養蜂園国産リンゴ蜂蜜 300g入り
黒砂糖=仲宗根食品 波照間産純黒糖
八角=ベトナム産最高級グレード有機オーガニック スターアニス25g入り(八角とは別名、スターアニスとか八角茴香/大茴香と呼ばれていてカレーなどにも使う香りの強い香辛料です。)
ニンニク=青森産福地ホワイト6片種(中国産はNG!)
ショウガ=普通にスーパーで売っていたやつです。
キャベツ=神奈川県三浦産
玉ねぎ・カブ=神奈川県三浦産(ご近所の方の実家で作っている物で、そのまま生でも美味しい物を分けて頂きましたf^^;)

レシピ(調理時間: 下処理

材料を圧力鍋に入れる

材料を圧力鍋に入れる

  1. スペアリブは表面のドリップなどをキッチンペーパーなどできれいにふき取り圧力鍋に入れ、紹興酒・醤油・みりん・ハチミツ・黒砂糖は別容器で混ぜ合わせてから鍋に入れます。
  2. ニンニク、ショウガはスライスして適当に入れてください。
  3. 最後に鷹の爪と八角を入れたら圧力鍋の蓋をして最初は強火にし、圧力が掛かってきたら中火にして5分ほど炊き火を止めて30分ほど放置します。
  4. 1度目の圧力が抜けて30分ほどしたら再び強火にし、圧力が掛かったら中火にして5分したら火を止め、再び30分放置します。

6等分にしたカブを入れる

6等分にしたカブを入れる

  1. 2度目の圧力をかけて30分したら圧力鍋のを開け、6等分にしたカブを入れて蓋をし、再度強火にして圧力が掛かったら中火で5分ご火を止めて30分以上放置します。
    カブですが、今回は皮を剥かずそのまま6等分にしていますが、皮が気になる方は薄く剥いてから入れてください。
    ただ、皮を剥いてしまうと出来上がりがメチャクチャ柔らかくなるので、取り出すときに崩れてしまうかも?

豚スペアリブの中華風煮込み

豚スペアリブの中華風煮込み

  1. 3度目の圧力が抜けて30分以上経つ頃、器に千切りにしたキャベツを敷き詰め、その上にスライスして水にさらした玉ねぎを敷き、出来上がった豚スペアリブとカブを並べたら、作った時のタレ(煮汁)を茶こしなどで漉しながらお玉半分程度回し掛ければ出来上がりです。

食べる時はスペアリブですから当然骨がありますので、骨は取って食べてくださいねw
圧力鍋でとても柔らかくなっているので、軽く引っ張れば骨は簡単に外れます。


この手の料理は圧力鍋が無い場合は3時間半程時間をかければ柔らかく仕上がりますが、時間が無い時は圧力鍋は重宝しますし、何より通常の半分以下の時間でメチャクチャ柔らかく仕上がります。

今回のレシピでは、前記しました通り「ガッツリ系」の男好みの味付けになっていますので、薄味が好みの場合は醤油の量を半分程度に減らして、塩分の無い鶏がらスープなど(できれば自家製フォンドヴォライユなど)で薄めてください。
今回別の器に盛り付けましたが、丼物にしても良いですよ!
丼にご飯を盛りつけ、その上にキャベツ、スライスした玉ねぎを乗せて最後に出来上がったスペアリブとカブを乗せたら「美味しい豚スペアリブ丼」になります。
カブの代わりに大根も良く合いますので、ガッツリした肉料理が食いたくなったら是非に♪

 based on 7 customer reviews

コメントを残す