クリスマスはローストチキン?ローストターキー?

さつま地鶏のローストチキン

さつま地鶏のローストチキン

我が家では毎年クリスマスになるとローストチキンを焼くのがワシの担当となりつつある(苦笑)
と言うか、ワシ自身が食べたいから毎年作っているだけなのだが…f^^;
ここ数年は近くのスーパーで名古屋コーチンの中抜き丸鳥を購入して、丸々一羽を二人で食い尽くしている(笑)
レシピはローストチキンの作り方
またはローストチキンの作り方 レシピの記事に掲載
ターキー(七面鳥)ご利用の方は本格ジューシーローストターキー(七面鳥の丸焼き)の作り方はこちら
チキンレッグ(鶏モモ肉)だけで作られる場合はローストスモークチキンをご参照ください


今年のクリスマスも例によってローストチキンを作るのだが、名古屋コーチンはとても美味しい鶏なのだが毎回名古屋コーチンではつまらない。
と言うわけで今年は青森シャモロック 中抜き丸鶏1羽をネットで購入してみた。
青森シャモロックは未だ嘗て口にした事は無いのだが、TVやその他メディアでもかなり取り上げられている鶏と言うことも有り、かなり以前から気になっていた鶏である。
メディアで大々的に取り上げられているほど本当に美味しいのか、22日に届くのでチョット楽しみ( ̄ー ̄)ニヤリッ

で、なぜクリスマスにはローストチキンを食べるのかって事なんだけど、いろいろな説が有るみたいでどれが本当のことなのか…?
知人に聞いた話によると。。。
戦後間もない頃、アメリカ人がクリスマスの時にローストターキーを作りたかったが日本ではターキー(七面鳥)が手軽に入手できず、仕方なしに日本国内で手軽に入手できる鶏を使って丸焼きにしたって話。
だけど、アメリカでは特に決まりは無いらしく、ローストターキーでもローストチキンでもローストビーフでも丸焼きなら何でもかまわないって話。
こう言うアバウトな所ってアメリカ人っぽいよね(苦笑)
そもそもなぜローストターキーやローストチキン、ローストビーフをクリスマスに食べるかと言う事なのだが、生贄の名残り(何の?)とか、25日に正餐として食べるのに相応しいご馳走だったからとか、いろいろな説があるみたいで…
まぁ、そもそもワシはクリスチャンじゃないから、そんな話はどうでも良く、美味しいものが食べられりゃ幸せなのである(笑)
さつま地鶏(丸鶏)のローストチキン
ジャガイモとマッシュルームをスタッフィングしたレシピはこちら
サフランライスをスタッフィングしたレシピはこちら
ターキー(七面鳥)ご利用の方は本格ジューシーローストターキー(七面鳥の丸焼き)の作り方はこちら
モミジと首肉を使ったビシソワーズのレシピはこちら
ガーリックレモンソースのレシピはこちら
柚子ソースのレシピはこちら