洋梨のコンポート 赤と白のジュレ添え

洋梨のコンポート 赤と白のジュレ添え

洋梨のコンポート 赤と白のジュレ添え

クリスマスレシピ続きでデザートのレシピです。
以前に赤と白のジュレを添えた梨のコンポートってのを作りましたが、それの洋梨バージョンです。
今回は赤いジュレの色を濃くしました。
この手のコンポートは、やはり洋梨の方が香りも良く食感も良いですね♪
和梨のコンポートも美味しく出来ていますが、今回はそれにも増してとても美味しく出来ましたよ!

今回使った洋梨は大きかったので(1個500g超)、人数分をスライスして飾り付けましたが、ラフランスや小さい物を使う場合は半分か丸ごと1個でも良いと思います。

材料(4人分

デザート

栄養価(100g中)

  • カロリー:約96Kcal
  • 脂肪分:約0.41g
  • 洋梨=1個(皮と種を取った状態で500g)
  • 白ワイン=400cc
  • 水=100cc
  • グラニュー糖=90グラム(洋梨の甘さで調整してください)
  • レモンの搾り汁=3分の1個分
  • バニラビーンズ=5cm程度

白いジュレの材料

  • コンポートで出来たシロップ=250cc
  • グラニュー糖=15グラム
  • 粉ゼラチン=3.5グラム+分量外のお湯

赤いジュレの材料

  • コンポートで出来たシロップ=180cc
  • 赤ワイン=70cc
  • グラニュー糖=25グラム
  • 粉ゼラチン=3.5グラム+分量外のお湯

飾りつけ

  • 生クリーム(脂肪分47%)=100cc
  • 砂糖=15グラム程度かと思います(目分量ですf^^;)

【今回のレシピで使用している酒・調味料類】


レシピ(調理時間: 下処理: / 計:

洋梨を白ワインシロップで煮る

洋梨を白ワインシロップで煮る

  1. 洋ナシは皮を剥き、種をスプーンでくり抜いておきます。
  2. バニラの鞘は縦に裂き、中のビーンズをナイフの背でこそぎ出します
  3. こそぎ出したバニラビーンズは分量外の白ワインで良く解しておきます
  4. 鍋に白ワイン・水・レモン果汁・砂糖・バニラの鞘・溶きほぐしたバニラの種、皮を剥いて種を取った洋梨を入れて中火で30分煮ます
  5. 30分煮込んだら火を止め、そのまま常温で冷ましたら冷蔵庫で最低半日冷やします

赤ワインと白ワインのジュレ

赤ワインと白ワインのジュレ

  1. コンポートのシロップ250ccに砂糖15gを入れて沸かし、お湯でふやかしておいたゼラチンを入れて良く溶かします
  2. もう片方の鍋にコンポートのシロップ150ccと赤ワイン100cc、砂糖25gを入れて沸かし、お湯でふやかしておいたゼラチンを入れて良く溶かします
  3. バットにそれぞれのシロップを流し込み、粗熱を取ったら冷蔵庫で冷やし固めます。

この画像は赤と白のジュレを添えた梨のコンポートのジュレの画像です。
実際には赤い方はもっと濃い赤になります。
画像を撮り忘れてしまいましたのでご勘弁をf^^;


洋梨のコンポート 赤と白のジュレ添え

洋梨のコンポート 赤と白のジュレ添え

  1. ジュレが固まったらフォークなどでクラッシュさせてそれぞれを皿に盛り付け、コンポートは人数分切り分けて盛り付け、最後に生クリームを飾れば完成です。

見た目もクリスマスっぽくてきれいに出来たのではないかと。


洋梨のコンポートとチョコレートケーキ

洋梨のコンポートとチョコレートケーキ

実は最初、黒い皿にチョコレートケーキと一緒に盛り付けたのですが、せっかく赤く染めたジュレが映えなくって、白い皿で撮り直してたりします(苦笑)
チョコレートケーキは以前掲載したザッハトルテ風チョコレートケーキのレシピとチョコレートコーティングと同じレシピです。
コーティングをチョット失敗してしまいましたがf^^;

で、今回の洋梨のコンポートの味ですが、元の洋梨が美味しかったってのも有るのですが、そりゃぁ美味しく出来ましたw
ただ、赤ワインのアルコールは完全には飛んでいませんので、食後に車を運転される方やお子様にはお気を付けくださいね!

因みに洋梨のコンポートってシナモンを使うレシピが多いですが、バニラビーンズの方が上品な仕上がりになり、特に今回のジュレを使う場合は絶対にバニラビーンズの方が良いです。
コンポートもジュレも兎に角美味しく出来上がりますので是非お試しくだされ♪

 based on 5 customer reviews

コメントを残す