杏仁クッキー

杏仁クッキー

杏仁クッキー

デザート

またまた久しぶりのレシピのアップですなf^^;
というわけで今回は杏仁豆腐を作ったときに出る杏仁のカスで作った杏仁風味のクッキーのレシピです。
先日相方が台湾に行ってきて、そのお土産がなぜか食材ばかり・・・( ̄Д ̄;)
その中に杏仁(北杏と南杏)が大量に・・・「それってワシに作れって事か???┓( ̄∇ ̄;)┏」
てなわけで杏仁豆腐を大量に作ったのは良いけど、毎回思うのが「杏仁のカス、もったいないねぇ・・・」って事。
そしたら同居人が、「杏仁で作ったクッキーが台湾に有ったよ!」などと言い出したので、適当に作ってみた(笑)

そういえば今日ってホワイトデーだったのね!サイトのリデザインやってたのですっかり忘れてたんだけど丁度良かったかな(笑)
外がサクサク、中がしっとりで甘さ控えめの杏仁の風味たっぷりのクッキーに仕上がったのでとりあえずレシピをどうぞ~♪


材料(20枚分

栄養価(100g中)

  • カロリー:約397.7Kcal
  • 脂肪分:約19g

材料

杏仁クッキーの材料

  1. 薄力粉=270グラム
  2. 杏仁の搾りかす=150グラム
  3. バター=150グラム
  4. 砂糖=150グラム
  5. 杏酒の杏の実=3個
  6. 卵=2個
  7. 牛乳=50cc

※杏仁の搾りかすの量によって、以下の比率で材料をそろえればOKです。
杏仁の搾りかす1:バター1:砂糖1:薄力粉2弱
杏仁の搾りかす50グラムに対し、水分(卵&牛乳)50CC・あんずの実1個で計算してください

レシピ(調理時間: 下処理: / 計:

下準備

  1. バター・卵・牛乳は、あらかじめ冷蔵庫から出して室温にしておきます。
  2. オーブンを200度で予熱しておく
  3. 薄力粉は、2~3回ふるいにかけておく
  4. アンズ酒のあんずは、ざく切りにしておく

レシピ

バターと砂糖を混ぜる

バターと砂糖を混ぜる

  1. バターに砂糖を加えて泡だて器でマヨネーズぐらいの硬さで白っぽくなるまで混ぜる

ここをしっかりやらないと出来上がりがモッタリしてしまいますので真剣に!


卵と牛乳を入れる

卵と牛乳を入れる

  1. 砂糖を入れたバターがマヨネーズぐらいになりかなり白っぽくなってきたら、卵・牛乳を加えて更に泡だて器で攪拌。
    バターが馴染むまでトコトン混ぜる!

薄力粉を入れふんわりと混ぜる

薄力粉を入れふんわりと混ぜる

  1. 篩った薄力粉を3回ほどに分けて混ぜ合わせます。
    このとき捏ねない様にさっくりと満遍なく混ぜ合わせる事がキモ!

捏ねちゃうと出来上がりが重たくなります。


杏仁のカスを入れサックリト混ぜる

杏仁のカスを入れサックリト混ぜる

  1. 薄力粉がサックリと混ざったら杏仁の搾りかすを加え、再びサックリと満遍なく混ぜます。

杏酒の杏を入れて混ぜる

杏酒の杏を入れて混ぜる

  1. 最後に杏の実を加え、ざっくり混ぜます。
    全体に均一に混ざるようにサックリと混ざればよいです。

出来たクッキー種を絞る

出来たクッキー種を絞る

  1. 出来上がったクッキーの種を絞り袋などに入れて、クッキングシートを敷いたテンパンに絞ります。
    大きさは適当でヨロシクf^^;
    大体直径5cm程度かな。
  2. この後は200度のオーブンで20~30分焼けば出来上がりです。

オーブンの性能で焼き時間は変わりますので、焼き色を見ながら確かめてくださいね!


杏仁クッキー

杏仁クッキー


てなわけで出来上がりはこんな感じ!
今まで捨てていた杏仁のカスでこんなに美味しくできるなんて!今まで捨ててたのがもったいなかったなぁ・・・(汗)
杏仁ってそのままだと毒性があるので廃棄してたんだけど、熱を加えると毒性は消えるんですよねぇ~
だから漢方薬でも喘息などの薬として使われているわけで。
次回からは捨てずに色々試してみようと思う。

ちなみに今回は杏酒の中にある杏の実を使っているので、チョット大人の杏仁クッキーに仕上げましたが、自宅で杏酒を作ってない方は杏ジャムでも美味しくできると思いますよ♪
ただしその場合は若干砂糖を減らしたほうが良いかもしれません。

ちなみに杏仁豆腐のレシピは下記リンクを参照してください。
杏の種から作った本格的な杏仁豆腐
皇杏を使った本格的な杏仁豆腐の作り方
北杏と南杏を使った本格的杏仁豆腐の作り方

 based on 1 customer reviews

コメントを残す