皇杏を使った本格的な杏仁豆腐の作り方

デザート

皇杏を使った本格的杏仁豆腐

皇杏を使った本格的杏仁豆腐

皇杏を使った本格的杏仁豆腐の作り方です
今回は皇杏(コウキョウ)を手に入れたので、皇杏(コウキョウ)100%使用の杏仁豆腐を作ってみた。
皇杏(コウキョウ)とは、杏仁豆腐を作るために育てられた杏の仁で、北杏南杏の良い所だけを掛け合わせた物らしい。
価格も北杏南杏よりも若干高い。
杏仁豆腐を作るために育てられたと言う事は、それなりに期待ももてる。


皇杏(コウキョウ)

皇杏(コウキョウ)

画像が皇杏(コウキョウ)
北杏ホッキョウ)よりも一回り程大きい。
しかし生のときの香りは南杏ナンキョウ)の方が良いような…
まぁ、作ってみなけりゃわからないので早速レシピを♪

材料(5人分

栄養価(100g中)

  • カロリー:約364Kcal
  • 脂肪分:約33g

    【杏仁豆腐の材料】

  1. 皇杏(コウキョウ=100g
  2. 生クリーム=400cc
  3. 牛乳=100cc
  4. 水=500cc
  5. 砂糖=50g
  6. コンデンスミルク=20g
  7. 粉ゼラチン=5g
  8. 粉寒天=1.5g
  9. 【ソースの材料】

  10. 杏ジャム(アプリコットジャム)=100g
  11. 杏酒=100cc

今回使用している杏酒は自家製杏酒
杏ジャムは自家製杏ジャムです。
皇杏は楽天で購入しました⇒皇杏(コウキョウ)

レシピ(調理時間: 下処理: / 計:

皇杏(コウキョウ)を水に浸す

皇杏を水に浸す

  1. 皇杏は分量の水に8時間漬け、8時間経過したら皮が付いている物は皮を取ります。
    漬けた水はそのまま使いますので捨てないでください

ミキサーにかける

ミキサーにかける

  1. 「1.」を水ごとミキサーに入れて細かく砕く。
    ミキサーで細かくなりきらない物は、すり鉢などで細かく砕きましょう。
  2. ミキサーで細かくした物をサラシなどで漉します。
    450ccぐらい搾り出せればGood!
    絞って残った粕は廃棄します(もったいないけど…f^^;)

生クリームと牛乳を入れて火にかける

生クリームと牛乳を入れて火にかける

  1. 鍋に「3.」と生クリーム・牛乳・砂糖・コンデンスミルクを入れて弱火にかけます。
    絶対に沸騰はさせないようにしてください。
  2. 沸騰直前で火を止め、粉ゼラチンと粉寒天を分量外の熱湯(50cc程度)で溶かし、「4.」に加えて再び弱火にして良く混ぜ合わせます。
  3. よく混ぜ合わせたら火を止め、ボウルか型に茶漉しなどで漉しながら移します。
    出来れば2回ほど茶漉しで漉すと、より滑らかになります。

杏仁豆腐を冷やす

杏仁豆腐を冷やす

  1. 茶漉しで漉したら、表面に空気が入らないようにラップを密着させるように覆い、冷蔵庫で冷やします。
    ラップを密着させないと、空気に触れた部分に固い膜が出来て舌触りが悪くなります。
    (ホットミルクの表面に出来る膜みたいな感じのやつ)

杏仁豆腐のソース レシピ

杏仁豆腐のソース レシピ

杏仁豆腐のソース レシピ

  1. 杏ジャムと杏酒を1:1の割合で鍋に入れて火にかけます。
  2. 1割程度煮詰め、アルコール分も飛びとろみが出たら出来上がり。
  3. 冷蔵庫で冷やして食べる時にかけてください。

皇杏を使った本格的杏仁豆腐

皇杏を使った本格的杏仁豆腐

出来上がった杏仁豆腐に冷やしておいたソースをかけて召し上がれ~♪
今回使用した皇杏(コウキョウ)は、古樹軒の楽天ショップで購入しました。
ご丁寧にレシピも付属していましたが、当サイト掲載の本格杏仁豆腐と内容が殆ど一緒だったので、自分なりに作ってみました。
違うのは牛乳と生クリームの分量ぐらい。(当サイトと分量が逆だったf^^;)
まぁ、そんな事はどうでも良い事なので肝心の皇杏(コウキョウ)で作った杏仁豆腐の味は!
・・・
正直言って味は北杏100%で作ったものと差ほど変わらず…(汗)
期待が高かっただけにちょっとガッカリ…_| ̄|○ill
南杏と半々ぐらいで作った方が美味しいと思う。
つうか、金額のことを考えたら、北杏南杏で作った方が美味しいと思うのであった…(汗)
とは言え、その辺で売っているものや杏仁霜で作った杏仁豆腐よりも美味しいのは確かである。
てな訳で、本格的で美味しい杏仁豆腐は北杏南杏で、南杏を多めにして作った杏仁豆腐の方が美味しいと言えよう。

その他の杏仁豆腐レシピ

 based on 1 customer reviews