青椒牛肉絲 牛肉の細切り炒め

牛肉の細切り炒め(青椒牛肉絲)

牛肉の細切り炒め(青椒牛肉絲)

メイン

チンジャオロースーとは、ピーマンと肉を細く切って炒めた中華料理の事で、青椒はピーマン、肉絲は細切り肉をさします。
本来中華圏は豚肉文化ですので、チンジャオロースーで使う肉は豚肉ですが、今回のレシピは牛肉を使用していますので青椒牛肉絲(チンジャオニューロースー)になります。
まぁ、蘊蓄はこの程度にしておいて、調味料さえ有れば誰でも簡単に本格中華が作れますよ♪
下処理を済ませれば調理時間はたったの3分で出来上がります。

青椒牛肉絲 牛肉の細切り炒めのレシピ動画

青椒牛肉絲(チンジャオニューロースー)の作り方です。一般的にはチンジャオロースーと言われていますが、チンジャオロースーで使う肉は豚肉です。




Youtubeで見る

材料(3人分)

栄養価(1人分)

  • カロリー:約371.3Kcal
  • 脂肪分:約34.6g

    具材

  1. 牛肉=200グラム
  2. ピーマン=大きめの物3個
  3. タケノコの水煮=100グラム強
  4. ニンニク(青森産6片種)=1粒
  5. ショウガ=ニンニクと同量
  6. 合わせ調味料

  7. オイスターソース=大匙1杯
  8. 紹興酒=大匙1杯
  9. 甜麺醤=小さじ1杯弱
  10. 豆板醤=小さじ3/1杯程

今回使用している調味料
紹興酒=陳年五年紹興酒 花彫酒 640ml
オイスターソース=李錦記
甜麺醤=ユウキ食品 業務用 甜面醤 500g入り
豆板醤=ユウキ食品 四川豆板醤

レシピ(調理時間: 下処理

牛肉・筍・ピーマンは千切りに

牛肉・筍・ピーマンは千切りに

  1. 牛肉・筍・ピーマンは、同じ位の長さに揃えて千切りにしておきます。
  2. ニンニクと生姜は微塵切りにしておきます。
  3. 調味料は全てを良く混ぜ合わせておきます。

生姜とニンニクを強火で炒める

生姜とニンニクを強火で炒める

  1. 中華鍋にごま油大匙2杯弱を入れて強火にし、鍋肌から煙が出る程度に熱しながら油を鍋に馴染ませたら、微塵切りにした生姜とニンニクを入れて炒めます。

細切りにした牛肉を炒める

細切りにした牛肉を炒める

  1. ショウガとニンニクの香りが立ったら、細切りにしておいた牛肉を炒めます。
    完全に火を通す必要はありませんので、全体に肉の赤い部分が無くなる程度で8割方火が通れば良いです。
    8割程度火が通ったら、一旦器に空けます。

ピーマンと筍を炒める

ピーマンと筍を炒める

  1. 続いて鍋にごま油大匙1杯程度入れて、最初と同じように油が馴染んで鍋肌から煙が出る程度になったら、細切りにしたタケノコとピーマンを炒めます。
    油通しの意味合いも含めていますので、15秒程度炒めれば良いです。
    炒め過ぎるとピーマンがシナシナになって歯ごたえが悪くなりますので手早く炒めます。
    炒め終わったら器に空けておきます。

合わせ調味料を軽く煮立たせる

合わせ調味料を軽く煮立たせる

  1. 鍋に合わせておいた調味料を入れ、軽く煮立たせます。
    こうすることで味の角が取れてまろやかになります。

肉と野菜を入れて炒める

肉と野菜を入れて炒める

  1. 合わせ調味料が軽く煮立ったら、炒めて空けておいた牛肉を入れて軽く鍋をあおり調味料を絡ませます
  2. 続いて炒めて空けておいたピーマンとタケノコを入れて、鍋をあおりながら炒めれば出来上がりです。

青椒牛肉絲(牛肉の細切り炒め)

青椒牛肉絲(牛肉の細切り炒め)

調理時間はたったの3分で美味しい本格中華に仕上がります。
と言うより、この手の炒め物は前記した通り時間を掛け過ぎてしまうと野菜がシナシナになって食感が悪くなり美味しさが半減してしまいます。
調理は終始強火で、手早く行うのが美味しく作るコツになります。
コツさえつかめば簡単にできるのでお試しを♪

 based on 8 customer reviews

コメントを残す