生駒水産の若鮎-2018年

鮎の炭火焼き

鮎の炭火焼き

今年の梅雨明けは早かったですねぇ!
この時期になると毎年食べたくなるのが熊本の人吉に有る生駒水産の鮎
先日電話を入れて若社長に生育具合を聞いてみたら、今年の育ちは順調だったらしく正に今が食べ頃との事。
実家の分と合わせて早速注文しました。
届いた鮎を早速いつものように能登産 幅広角 天然珪藻土切り出し七輪で炭火焼き!


脂の乗った鮎

脂の乗った鮎

今年の鮎はいつもの年より脂の乗りが半端なく、身に火が通る頃には脂が滴り落ちて炎が上がる程!
いつもと育て方を変えたのかな?と思う程。
天然物だとここまで脂は乗らないのですが、これも養殖物の良い所でもあると思います。


アユの塩焼き

アユの塩焼き

本当は上品に焼けた鮎を1匹だけ皿に盛ればカッコ良いのですが、小さい皿に3匹乗せちゃったので見た目は微妙ですが・・・
焼き上がった鮎を早速食べてみると、炭で焼いたせいも有るのですが、脂が燃えた事で程よく燻煙を浴びた状態となり、アユ独特の良い香りと混じり合いメッチャ美味しかったですわ♪
1Kg注文したのですが、余りにもおいしくて2日で食べきってしまいましたw
実家の母からも電話があり、「物凄く美味しかった!」と感動していました。

もう一度注文するか、秋の子持ち鮎まで我慢するか悩んでおりますw
子持ち鮎も美味しいけど、鮎の美味しさを楽しむならヤッパ今の時期なんだよなぁ~

コメントを残す