台湾風味付き卵

台湾風味付き卵

台湾風味付き卵

副菜

昨日Sさんと言う方から「ルーローハンに乗っている味付き卵の作り方を教えてください!」とメールが有りました。
丁度その味付き卵を作っている真っ最中だったのでびっくり(笑)
Sさんにはメールでも返信いたしましたが、味付き卵のレシピをUPします。

材料

栄養価(1個分)

  • カロリー:約91Kcal
  • 脂肪分:約6.2g

  1. 豚軟骨の台湾風やわらか煮込みで出来たタレ=卵が隠れる程度
  2. 生卵=食べたいだけw

レシピ(調理時間: 下処理: / 計:

作り方は簡単で、先ずは半熟卵を作ります。

  1. 卵が隠れる程度のお湯を鍋に沸かす
  2. 沸騰してから卵を網杓子などで殻が割れないように静かに入れる
  3. そのまま中火で7分30秒程で引き上げ冷水に入れる
  4. カレースプーン等で叩いて殻全体にヒビを入れる
  5. 流水を掛けながら卵の殻を剥く

お湯が沸騰してから卵を入れるのがキモです。

味付き卵の仕込み

味付き卵の仕込み

  1. 卵が入る大きさのタッパーなどに茹で上がった半熟卵をいれ、豚軟骨の台湾風やわらか煮込みで出来たタレをヒタヒタになるまで注ぎ、タッパーの蓋をして冷蔵庫で一晩置けば出来上がりです。

タレの味ですが、甘めの物が好きな方はタレに蜂蜜などを入れて一旦煮立たせて味を調えてください。
しょっぱいのが好みの方は醤油を入れてください。
まぁ、味は好みもありますのでお好きなように調整してくだされ♪
冷蔵庫で寝かせている途中、卵が浮いて上の面がタレにかからない部分が出ますので上下を入れ替えてください。


ルーローハン

ルーローハン

出来上がったら半分に切り、ルーローハンに乗せても良いですし、そのまま召し上がってもとても美味しいです。
豚肉の美味しい出汁と八角の台湾を思わせる香りがとても良く合い美味しい味付き卵になりますぞ!
まぁ、八角(スターアニス)の香りは好き嫌いが分かれるかもしれませんが、中華料理や台湾料理、カレー等では結構使われている香辛料で、ホルモンバランスを整えたり血行促進作用や精神安定効果があり、漢方薬などでも良く使われている香辛料です。

とまぁ、余計な薀蓄はともかく美味しくできますので興味のある方は是非お試しくだされ(^0^)/

 based on 3 customer reviews

コメントを残す