シノワ(スープ漉し)

YUKIWA シノワ

YUKIWA シノワ

今回はシノワのお話。
日本ではシノアとか言ったりもする、スープ漉しの事です。
英語(仏語)ではChinoisと書きます。
このシノワ、フォンドヴォライユフォンドヴォー、またヴイヨンやソースを作る時によく使います。
普通の金属製のザルなどでも良いのですが、パンチング穴のシノワの方が強いのでフォンを漉す時は重宝します。
ワシが使用しているのは河童橋などでも売られているYUKIWA シノワの直径18cmの物です。


YUKINOWAシノワの中心部

YUKINOWAシノワの中心部

この画像はYUKINOWAシノワの中心部です。
ご覧の通り、底の部分が補強の為か二重になっておりますが、実はここに欠点が・・・
スープを漉した時に細かいカスなどが詰り、洗ってもなかなか落ちなかったりします。

ですのでこれからシノワをお求めになるのでしたら、レズレーの18-10 スープ漉しや、若しくは予算があるならデバイヤーの18-10 シノア等の繋ぎ目が目立たないタイプを使用した方が後の手入れの事を考えると良いと思います。

コメントを残す