ベーキングパウダーを使わない低カロリーパウンドケーキレシピ動画

BP無しのパウンドケーキ

BP無しのパウンドケーキ

今まで何度かBP無しのパウンドケーキレシピを掲載してきて結構詳しく書いたつもりではいるのですが、定期的に「うまく膨らまない!」とのお問い合わせが有りますので、今回動画で撮ってみました。
パウンドケーキの作り方にもいくつかありますが、今回も「シュガーバッター別立て法」でのレシピになります。
ワシ、小学生の頃からこのレシピで作っていますが一度も失敗した事ないんですよねぇw
BPを入れた他の方法でも作りましたが、このレシピが一番美味しいと感じていますので毎回この作り方で作っています。
失敗しちゃう方の殆どは、多分バターやメレンゲの泡立てが甘いのと、薄力粉を入れる時の混ぜ過ぎが原因なのかなと想像しています。
あと一つは

「カロリーが気になるから砂糖を減らした!」

↑実はここは一番大事な事で、ベーキングパウダーを使わない場合、砂糖を減らすと膨らみが断然悪くなります。
理由を書くとかなり長くなりますので簡単にザックリと説明すると、卵白の糖分と水分が結び付いて気泡を守る働きをし、そして小麦粉とでんぷん、水が結び付き気泡が壊れにくくなり、熱を加える事で気泡が膨張して膨らむのです。

まぁ、カロリーが気になるのでしたらその場合は仕方ないのでベーキングパウダーを入れてください。
カロリーを気にしてベーキングパウダーを入れるならBP無しで砂糖をちゃんと入れた方が体に良いとワシは思いますが・・・

ってなわけで、そんな奥様の為に今回は少しでもカロリーが低くなるよう、砂糖の代わりに先日購入した低カロリー甘味料のマービーを使っています。
勿論同じ分量の上白糖やグラニュー糖を使ってもきれいに出来ます。

マービーを使うと、甘さはサラっとした爽やかな感じに仕上がり、上白糖を使うとずっしりと甘みを感じる仕上がりになります。
グラニュー糖はその中間って感じ。
今回初めてマービーで作りましたが、うたい文句通り美味しさはそのままカロリーが砂糖の半分ってのが嬉しいですねww

バターも今回は基本通りに無塩バターを使用していますが、普通の有塩バターでも卵黄とメレンゲをしっかり泡立てて、薄力粉を混ぜる時も手早くしっかりと混ぜ合わせれば普通に膨らみます。
有塩バターやスーパーで普通に手に入る材料で作ったレシピはこちら

ベーキングパウダー無しで膨らむパウンドケーキのレシピ

ベーキングパウダーを使わなくても膨らむパウンドケーキのレシピです。



Youtubeで見る

材料(パウンド型1本分

デザート

栄養価(100g中)

  • カロリー:約368Kcal
  • 脂肪分:約23.6g

  1. 卵(Mサイズ)=4個
  2. 無塩バター=200g
  3. 薄力粉=200g
  4. 砂糖=200g

【今回使用している材料】

レシピ(調理時間: 下処理: / 計:

  1. 卵は予め室温に30分程出しておきます
  2. バターは3cm角程度にカットして室温に30分程置いておきます
  3. 薄力粉は予め1度篩っておきます
パウンド型

パウンド型

  1. パウンド型の内側全体にバターを塗り、クッキングシートを隙間なく貼り付けておきます

卵白と卵黄を分ける

卵白と卵黄を分ける

  1. 卵白と卵黄を分けておきます。

卵白は泡立ててメレンゲにしますので大きめのボウルに入れます。


バターをマヨネーズ程度の硬さに泡立てる

バターをマヨネーズ程度の硬さに泡立てる

  1. 室温に戻して柔らかくなったバターを、マヨネーズ程度の硬さになるまで泡立てます。

バターに砂糖を入れて泡立てる

バターに砂糖を入れて泡立てる

  1. バターがマヨネーズ程度になったら、砂糖150g程度を2回に入れて良く混ぜ合わせます。

POINT!
砂糖のザラツキが無くなる程度までしっかり混ぜ合わせ、ホイップクリームのようになるまで混ぜ合わせてください。
砂糖のザラツキは完全に無くならなくても良いですが、ホイップクリーム状にならないと出来上がりに影響します。


卵黄を入れて白っぽくなるまで混ぜる

卵黄を入れて白っぽくなるまで混ぜる

  1. バターがホイップクリーム状になったら分けて置いた卵黄4つを入れ、白っぽくふわふわなクリーム状になるまでしっかり泡立てます

POINT!
ここも手を抜くと出来上がりにかなり影響を及ぼしますので、しっかりとホイップしてください。


黄身を入れたばかりと仕上がりの比較

黄身を入れたばかりと仕上がりの比較

左が黄身を入れたばかりの状態、右がホイップ終わりの状態です。
空気をたくさん含んでふわふわになり、色も最初と比べてかなり白っぽくなります。
大変ですが、手を抜かずホイップしてください。


しっかりとしたメレンゲを作る

しっかりとしたメレンゲを作る

  1. 卵白に残りの砂糖を入れて軽く混ぜ、電動ミキサーやホイッパーなどでしっかりとしたメレンゲを作ります。

このタイミングでオーブンを170度に予熱しておきます。
POINT!
ボウルを逆さまにしても落ち無い位に、しっかりと泡立ててください。


メレンゲをシュガーバターに入れる

メレンゲをシュガーバターに入れる

  1. メレンゲを3回に分けて泡立てたバターに入れて混ぜ合わせます

POINT!
練るように混ぜると、せっかくできたメレンゲの気泡が潰れて出来上がりが膨らまなくなります。
左手でボウルを回しながらボウルの底から切る様にして、手早混ぜ合わせます。


薄力粉を4回に分けて混ぜる

薄力粉を4回に分けて混ぜる

  1. 黄身を入れて十分ふわふわになったら薄力粉をふるいながら4回に分けて入れ、サックリとそしてしっかりと混ぜ合わせます。

POINT!
練るように混ぜると膨らみが悪くなります。
左手でボウルを回しながらボウルの底から切る様にして、手早く、そしてしっかりと混ぜ合わせます。


生地を型に入れる

生地を型に入れる

  1. 生地を隙間の出来ないように型に入れ、10cm程の高さから4回ほど落として空気抜きをします
  2. 表面を軽く均し、中央を軽く凹ませます。
  3. 170度で予熱したオーブンで、170度で25分、160度に温度を落として20分焼き上げます。

オーブンの性能で焼き時間は変わります。


竹串で焼け具合チェック

竹串で焼け具合チェック

170度で25分、160度に温度を落として20分焼いたら、竹串を中心に刺してみて焼け具合をチェックします。
画像の様に竹串に生地が付いてくる場合は中が焼けていませんので、再び160度で10分ほど焼いて再チェックします。
竹串に生地が付いてこなければ焼き上がりです。


焼き上がり

焼き上がり

  1. 焼き上がったら型から外して網の上などで粗熱を取ります。
  2. 手で触れる程度に冷めたら、しっかりしたビニール袋に入れるか、ラップでしっかり包み室温で完全に冷めるまで置けば出来上がりです。

POINT!
パウンドケーキは出来上がって直ぐより、1日置いた方がバターの油分が固まり風味が戻って美味しくなります。
最低でも半日は置いてください。


BP無しのパウンドケーキ

BP無しのパウンドケーキ

パウンドケーキ(カトルカール)の様なバターケーキは、ケーキ作りの基本みたいなもので、コツとしては

  1. 各工程、手を抜かずにしっかり混ぜる
  2. 捏ね過ぎない

の2点だと思います。
しかしこのしっかり混ぜると言う工程は結構力のいる仕事でもありますので、女性が作る場合はかなり大変なのかもしれません。
大変でも手を抜かず頑張れば、美味しく仕上がると思いますのでとにかく頑張ってしっかりと行ってください。

この手のケーキが普通に作れるようになると、他のケーキは応用で出来ちゃいますので、云わばパウンドケーキは初心者の練習用とも言えます。
ワシは小学生の頃からこのレシピでパウンドケーキ作りをしていますが、その頃はオーブンなど使いませんでしたが一度も失敗なく出来ていましたからw

因みに、マービーを使ってどの位カロリーオフになるかと言うと、パウンド型1本分で約387Kcalが抑えられます。
100グラム換算では50Kcalのカロリーオフですけどねw
そもそもバターのカロリーが凄いですからなww

そうそう、このマービーで作った感想をもう一つ!
焼き上がりの色付きが、砂糖やグラニュー糖を使った時より薄くなる気がします。
先日カラメルを作った時も思ったのですが、普通の砂糖を使っている時よりも色が付くまでの時間が倍ほどかかりましたので。
そう考えると、色を濃くしたくない焼き菓子に使うと良いかもしれませんね!

 based on 51 customer reviews

コメントを残す