低カロリー甘味料マービーを使った本格クレームブリュレのレシピ

本格クレームブリュレのレシピ

本格クレームブリュレ

思えばクレームブリュレのレシピを初めて掲載したのは2004年。
今から15年も前の事なんですなぁ・・・
あの頃ワシの腹筋はまだバキバキに割れていたのですが、今では見る影も無く(汗)
ってなわけで先日購入した低カロリー甘味料のマービーを使ってクレームブリュレを作ってみました。
「ダイエットはしたいけど甘いものは食べたい!でもカロリーが気になる!」
って、お前は女子か!!!w
でも、女子の皆様と気持ちは同じなのですf^^;
このマービーと言う甘味料、カロリーは砂糖の半分で美味しさはそのままと言ううたい文句!
果たしてその真相は如何に???
てなわけで久しぶりに本格的なクレームブリュレを作ってその味も確かめてみましたよ!
ついでに動画でも撮りましたので、作り方は意外と簡単ですので見て頂ければ分かりやすいかと思います。
カロリーを気にされない方はマービーの代わりにグラニュー用をお使いくださいね。

マービーを使った本格クレームブリュレのレシピ

カロリーが砂糖の半分と言う低カロリー甘味料マービーを使った本格クレームブリュレのレシピです。



Youtubeで見る

材料(直径10cmのココット3つ分

デザート

栄養価(100g中)

  • カロリー:約341Kcal
  • 脂肪分:約31g

  1. 生クリーム=200cc
  2. 牛乳=25cc
  3. 卵黄=3個
  4. マービー=35g(又はグラニュー糖)
  5. バニラビーンズ=5cm程度
  6. ブラウンシュガー=適量

このレシピで使用しているバニラビーンズは「最高級」と言われているマダガスカル産 バニラビーンズですが、近年バニラビーンズは高沸していてとても高価ですので、普段のデザートとしてでしたらバニラエッセンスでも良いかと思います。
大事なお客様にお出しするなら是非バニラビーンズでお作りくだされ♪
生クリームはタカナシ特選北海道純生クリーム 42です。

レシピ(調理時間: 下処理: / 計:

バニラの鞘からビーンズをこそぎ出す

バニラの鞘からビーンズをこそぎ出す

  1. バニラの鞘5cm程の中心に切れ目を入れて広げ、ナイフの背で中のビーンズ(種)をこそぎ出します。

バニラビーンズを牛乳で溶き解す

バニラビーンズを牛乳で溶き解す

  1. バニラビーンズはべたついてそのままでは使い辛いので、分量外の牛乳で溶き解しておきます

生クリームを60度に温める

生クリームを60度に温める

  1. ソースパンなどに分量の生クリームと牛乳、バニラの鞘と溶き解したバニラビーンズを入れ、60度に温めます。

POINT!
出来上がりに影響するので絶対に沸騰させないでください。


卵黄にマービーを入れて泡立てる

卵黄にマービーを入れて泡立てる

  1. 卵黄にマービー(又はグラニュー糖)を入れて、白っぽくなるまで泡立てます。(ハンドミキサーで約5分程)

POINT!
白っぽくなって泡だて器の跡が残る位に泡立てないと、出来上がりが重くなり滑らかな出来になりませんので、しっかりと泡立ててください。
ハンドミキサーをお使いの場合、途中でボウルの外側に飛び跳ねた卵黄を戻しながらしっかり泡立ててください。


温めた生クリームと合わせる

温めた生クリームと合わせる

  1. しっかりと泡立ったら、60度に温めた生クリームを入れてバニラの鞘を取り出し、手早くしっかりと混ぜ合わせます。

POINT!
バニラビーンズを使わない場合は、このタイミングでバニラエッセンスを3~4滴入れてください。


ココットに種を入れる

ココットに種を入れる

  1. 良く混ぜた液をココットに静かに流し込みます。

気泡をライターで消す

気泡をライターで消す

  1. 液を流し込んだ時に気泡が出来てしまったら、ライターの炎を当てれば消えます。

テンパンに水を入れたオーブンで焼く

テンパンに水を入れたオーブンで焼く

  1. 種を流したココットをテンパンに置き、テンパンに水を張ったら200度のオーブンで25分ほど焼きます。

POINT!
オーブンの性能で焼き時間は変わりますので、25分経ったら器を軽くゆすり、固まっていないようでしたら焼き時間を延長してください。


焼き上がったら粗熱を取る

焼き上がったら粗熱を取る

  1. 焼き上がったら氷水に付けて粗熱を取り、人肌程度に冷めたら冷蔵庫で冷やします。

ブラウンシュガーを振ってバーナーで炙る

ブラウンシュガーを振ってバーナーで炙る

  1. 完全に冷えたら召し上がる30分ほど前に表面にブラウンシュガーを振りかけ、バーナーで炙ってカラメルを作ります。
  2. 表面にカラメルが出来たら再び冷蔵庫で冷やせば完成です。

POINT!
カラメルを上手に作るには、一度に行わず、3回程に分けて少しずつ炙ると綺麗に仕上がります。
今回ブラウンシュガーは予め石臼で細かく挽いて使用していますが、そのままお使いになる場合は出来るだけ薄く振りかけて3回に分けて行ってください。


本格クレームブリュレ

本格クレームブリュレ

細かく書いたので工程が多く見えますが、実際には簡単に出来ちゃいます。
しかもお店で買うのと同じ、いやそれ以上に美味しく出来上がっていると思いますw
プリンを作り慣れている方なら楽勝でしょう。

因みにクレームブリュレと言うのはフランス語で、クレーム(crème)は英語で言う所のクリーム(cream)、ブリュレ(Brûlé)は英語で言う所のバーント(burnt)って事で焦げたクリームと言う意味になります。

ってなわけで、マービーでカロリーOFFしたつもりなのですが、そもそもが砂糖を使う量が少ないのでたいしてカロリーOFFにはなっていない様な・・・
ま、美味しいは正義って事で良い事にさせてくださいf^^;

で、今回の課題と言うか肝心な所で、グラニュー糖の代わりにマービーを使って美味しく出来るかって所ですが、全く遜色なくとても美味しく仕上がりました。
グラニュー糖で作ったやつと食べ比べてないので本当の違いは分かりませんが、全くと言って良い程変わらないと思います。
体に悪い物も入ってないし(原材料は還元麦芽糖)ちょっと高いですが、カロリーが気になる方にはかなりお勧めできます。

ってなわけで、これから気にせずお菓子を作りまくるのだぁ~!!!
って、食べ過ぎには要注意ですなf^^;

 based on 46 customer reviews

コメントを残す