本格牛丼レシピ温泉卵乗せ

牛丼 温泉卵乗せ

牛丼 温泉卵乗せ

今回は野菜が玉葱程度しかなかったので牛丼を作りましたw
ワシの料理って、基本冷蔵庫にある物で作っているので、買い出しに行かないと彩がよくなかったりしますが・・・
それでも添加物は一切使用せず100%無添加の本格牛丼のレシピですのでご参考になればと思います。
基本の調味料と牛肉・玉ねぎさえ有れば、男の一人暮らしでも美味しい牛丼が作れますよ♪
今回は彩を考えて温泉卵を乗せていますが、温泉卵を作らなければ10分で出来ちゃいます。
まぁ、ご飯を炊く時間も有るので、温泉卵位つくる時間は有ると思いますので、面倒でなければ作って乗せてみてくだされ♪

材料(2人分

メインディッシュ

栄養価(100g中)

  • カロリー:約152Kcal
  • 脂肪分:約8.1g

    【具材】

  1. 牛バラ肉=150g
  2. 玉ねぎ=250g
  3. 【出汁】

  4. 水=220cc
  5. 利尻昆布=2g
  6. 鰹節=8g
  7. 【調味料】

  8. 薄口醤油=20cc
  9. 濃い口しょうゆ=20cc
  10. 本みりん=20cc
  11. 純米酒=10cc
  12. ハチミツ=ティースプーンに半分程度
  13. 生姜=15g
  14. ニンニク=7g
  15. トッピング

  16. 温泉卵
  17. 小葱など
  18. 七味唐辛子

【今回使用している調味料類】

  1. 純米酒:樽平酒造 住吉 銀
  2. 醤油:かめびし 本醸造 こいくち
  3. 薄口醤油=かめびし 薄口醤油
  4. 本みりん:福来純 三年熟成 本みりん
  5. はちみつ=百花蜂蜜

レシピ(調理時間: 下処理: / 計:

温泉卵を作る

温泉卵を作る

温泉卵を作る

  1. 出来るだけ厚い鍋にお湯を沸かして水溶き片栗粉を入れてとろみを付けたら温度を67度まで下げます
  2. 常温に戻しておいた卵を静かに入れ、67度で30分キープします
  3. 30分経過したら引き上げ、これ以上卵に火が入らないように氷水に付けます

温泉卵の作り方は牛コンフィ丼前半と同じです

和風だしを作る

昆布出汁を作る

昆布出汁を作る

  1. 鍋に水220ccを入れて昆布を入れ中火にします
  2. 画像の様に湯玉(鍋底に出来る気泡)が出て来たら昆布を引き上げます

カツオ出汁

カツオ出汁

  1. 凡そ70度の昆布出汁に鰹節を入れて弱火にし、軽く箸でかき混ぜます。
  2. アクが出て来たら丁寧に掬い、1分半~2分程度したら目の細かい笊かサラシで漉して和風だし(カツオと昆布の合わせ出汁)は出来上がりです。

水を220ccで出来上がりは丁度200cc程になります。

牛丼の具を作る

牛丼の調味液

牛丼の調味液

  1. 出来上がった出汁に6~10までの調味料と、細かめの微塵切りにした生姜とニンニクを入れ、強火でひと煮立ちさせます

たまねぎと牛肉を入れて煮込む

たまねぎと牛肉を入れて煮込む

  1. スライスした玉ねぎ、適当な大きさに切った牛肉を入れ中火で10分煮込みます。

10分煮込んだ牛丼の具

10分煮込んだ牛丼の具

  1. 10分煮込むと画像の様にタマネギが色付き柔らかくなってきます。味見をして味が薄いと感じる場合、醤油やはちみつ等を少し足して調整してください。

因みに調味液を入れたばかりの状態で丁度良い塩加減にしてしまうと、出来上がりは煮詰まって味が濃くなりますのでご注意を!

仕上げ

牛丼 温泉卵乗せ

牛丼 温泉卵乗せ

  1. 丼にご飯を装い、牛丼の具を乗せたら温泉卵をトッピングして完成です。

今回は小葱が無かったので七味唐辛子だけをかけて食べましたが、それでもメッチャウマ!!!
出来れば小葱の輪切りが少し有った方が、味が締まって良かったかなと思います。
前記しました通り、温玉を作らなければたったの10分で出来ちゃいますので、忙しい時などには良いと思いますよ♪
温玉の代わりに生卵でも良いかもね?

 based on 14 customer reviews

コメントを残す