渡り蟹のクリームパスタの作り方

メインディッシュ

オスの渡り蟹を使用した、本格的で美味しい、しかも簡単に出来るクリームパスタのレシピです。
パスタも自家製で、
デュラムセモリナ粉100%の生パスタの打ち方も掲載します。
パスタはやはり自分で打ったほうが美味しいですよ♪
そんなに難しくないので一度手打ちパスタに挑戦してみては?
では早速レシピに。。。

材料(4人分

栄養価(100g中)

  • カロリー:約116Kcal
  • 脂肪分:約3.6g

    【パスタの材料】

  1. デュラムセモリナ粉=250g
  2. 強力粉(打ち粉)=50g
  3. 卵(Mサイズ)=3個
  4. =小さじ半分
    【ソースの材料】
  5. 渡り蟹(大)=2杯
  6. 牛乳=500cc
  7. マッシュルーム=10ヶ
  8. ピーマン=2個
  9. ブロッコリー=適量
  10. =適量
  11. 白胡椒=適量
  12. 小麦粉=適量バター=20g
  13. オリーブオイル=大匙2

レシピ(調理時間:

パスタ(フェットチーネ)を作る

  1. デュラムセモリナ粉、塩を良く混ぜ、その中に卵を割りいれ、フォークなどでざっくりと混ぜる。
  2. フォークである程度混ぜ合わせたら、手で表面が滑らかになるまでしっかりこねる。

こね上がりまで約15分ほどか。
今回は、セモリナ粉を100%で作ったが、セモリナ粉50%、強力粉50%などと、粉のブレンドはお好みに合わせると良いだろう。
デュラムセモリナ粉が多いほど腰が強い麺に仕上がる。
尚、セモリナ粉が手に入らないときは、強力粉と薄力粉のブレンドでも出来る。


  1. こねあがったら丸くまとめ上げ、ラップに包み冷蔵庫で休ませる。

最低でも30分以上は生地を休める。出来れば一晩寝かせれば、腰のある麺が出来る。


  1. パスタマシンで麺を伸ばす
  2. 1mmほどの厚さに延ばしたら、台の上で生地を15分ほど乾燥させる。

パスタマシンがあれば、作業は非常に楽であるが、無い場合は麺棒でひたすら延ばす。
麺棒で延ばす場合、延ばしたら多めに打ち粉をし、生地を切りやすいように折りたたみ、製麺した後で乾燥させる。


  1. パスタマシンで製麺する。製麺すると画像のようになる。

ソースを作る

  1. みじん切りにしたにんにくを、オリーブ油で狐色になるまで炒め、適当な大きさにきった渡り蟹を入れ塩コショウをして炒める。

渡り蟹の殻に狐色に焦げ目が付く位に、強火で炒める。こうすることで香りが非常に良くなる。


  1. 切ったマッシュルーム7個とピーマンを入れさっと炒めたら、大さじ2杯程度の小麦粉をまんべんなくふりかけ全体になじませる。

  1. 牛乳を注ぎ、とろみがつくまで煮込み、塩胡椒で味を調整する

  1. 弱火のフライパンにバターを入れ、残りのマッシュルームをみじん切りした物を狐色になるまで炒める。
  2. 炒め終わったらソースに入れる

仕上げ

  1. たっぷりのお湯に適量の塩を入れ、パスタを茹でる。塩はけちってはいけない。
    生パスタはゆであがる時間が早いので、茹で過ぎに注意する(約3分弱)
  2. 茹で上がったらすばやくソースに絡め完成。

今回の「渡り蟹のパスタ」で一番注意して欲しいのは、なんと言っても蟹の良し悪し!
不味い蟹を使っては絶対美味く出来ないので、出来れば生きている物か、生の物を購入していただきたい。
特に注意して欲しいのは「オスの蟹」を購入することだ。
見分け方は、蟹を裏返しに見て、「ふんどし」の幅が広いものはメス、幅の狭いものは「オス」である。
見て比べれば一目瞭然なので、誰にでもすぐ分かると思う。
魚の刺身でもそうだが、ワシの経験上、食べて美味いのは必ず「オス」の方である。
良くTVの旅番組や料理番組で、『内子入りのメス蟹』 が珍重されているようだが、内子が入ったメスの身は栄養が卵に取られてしまい、身はあまりおいしくない。
好みだろうけど、内子 自体そんなに美味い物とは思えない。
卵を持って美味いのは、『シシャモ』ぐらいではなかろうか

 based on 0 customer reviews