鶏肉のカシューナッツ炒め

鶏肉のカシューナッツ炒め

鶏肉のカシューナッツ炒め

メイン

数日前から同居人が「鶏肉のカシューナッツ炒めが食いてぇ!!!」と騒いでいたので作ってみましたw
この手の中華鍋を使う料理は手際の良さが命なので写真を撮ってる時間が惜しいので今までレシピを掲載してなかったのですが、何とか頑張って撮影しましたf^^;
ワシが自宅で仕事しているときは、毎回同居人の帰りに合わせて作っているので、撮影しながらって意外と大変なのよねぇ・・・
カメラも油だらけになりそうだし(汗)
という訳で、意外と本格的に作っていますのでこのレシピ通りで誰でも美味しくできると思いますよ!
今まで失敗したこと無いので。
じゃ、早速レシピです。

材料(2~3人分)

栄養価(1人分)

  • カロリー:約410Kcal
  • 脂肪分:約33.2g

  1. 鶏モモ肉=350グラムほど
  2. カシューナッツ(生)=50グラム
  3. ピーマン=2個
  4. 椎茸=2個
  5. ネギ=5cmほど
  6. なす=1本
  7. 生姜=7グラム
  8. 鷹の爪(赤唐辛子)=3本
  9. 【下処理用調味料】

  10. 醤油=大匙1
  11. 紹興酒=大匙2
  12. 塩=小さじ半分弱
  13. 白胡椒=少々
  14. 片栗粉=大匙3杯弱
  15. 【仕上げ用調味料】

  16. オイスターソース=大匙1.5
  17. トリガラスープ=大匙3.5
  18. 塩=一つまみ程

今回使用している調味料類
トリガラスープ=フォンドボライユ
紹興酒=塔牌 陳五年 600ml
醤油=丸島醤油 濃口
オイスターソース=李錦記
塩=パハール岩塩

レシピ(調理時間: 下処理: / 計:

切った鶏肉に調味液を揉み込む

切った鶏肉に調味液を揉み込む

  1. 鶏肉は食べやすい大きさに切ります。
    2cm強の大きさで良いかと。
  2. 切った鶏肉に、紹興酒・醤油・塩を混ぜ合わせた下処理用の調味液をかけて揉みこみます。
  3. 全体に調味液が浸み込んだら片栗粉をふりかけ満遍なく混ぜ合わせ、15分程置きます。

合わせ調味料

合わせ調味料

  1. 鶏肉を付け込んでいる間に、オイスターソース、トリガラスープ、塩を全て混ぜ合わせて仕上げ用の合わせ調味液を作ります。

トリガラスープは市販のものでもかまいませんが、出来れば塩分と添加物が入ってない物を使ってください。
ワシは毎度の如く冷凍ストックしてある自家製フォンドボライユを使ってます。
味に差が出るので時間がある方はご自分で作ると良いですよ。


カシューナッツを素揚げする

カシューナッツを素揚げする

  1. カシューナッツを素揚げします。
    油の温度は120度ぐらいの低い温度でよいです。
    表面がうっすらと色付く程度に揚げてください。
    色付いたら取り出し油を切っておきます。
    ここである程度油をきっておかないと仕上がりが油だらけになります。

漬けておいた鶏肉を揚げる

漬けておいた鶏肉を揚げる

  1. 次いで漬けて置いた鶏肉を揚げます。
    油の温度を160度まで上げて、鳥の表面に付いた片栗粉がある程度色付くまで上げてください。
    揚げ終わったらこれも油を切っておきます。

野菜を素揚げする

野菜を素揚げする

  1. 最後に食べやすい大きさに切っておいた野菜を素揚げします。
    よく言う「油通し」と言うやつです。
    揚げると言うよりは「油通し」と言うとおり15秒ほどで引き上げてください。
    ひきあげたらある程度油を切っておきます。

生姜とネギを炒める

生姜とネギを炒める

  1. 中華鍋に油を入れ強火にし、鍋肌から煙が出る程度まで温まったら微塵切りにした生姜とネギ、種を出して半分にした赤唐辛子を入れて、良い香りになるまで炒めます。
    15秒程度かな?

画像には赤唐辛子は映ってません・・・
画像を撮る事に気をとられて入れ忘れちゃいましたf^^;


合わせ調味料を入れる

合わせ調味料を入れる

  1. 生姜とネギが良い香がたってきたら合わせ調味料を入れて一煮立ちさせます。
    調味料を先に煮立てることで、味の角が取れます。
    15秒ぐらいかな。

油通しした材料を入れて炒める

油通しした材料を入れて炒める

  1. 合わせ調味料が煮立ったら鶏肉・カシューナッツを入れて軽く鍋をあおり、最後に油通しした野菜を入れて鍋を振りながら調味液が全体に混ざり水分がなくなってきたら出来上がりです。
    10秒ぐらいだと思います。

本格鶏肉のカシューナッツ炒め

本格鶏肉のカシューナッツ炒め

本当はピーマンだけじゃなくパプリカなどを入れると彩りも良いんですけど、今回はパプリカは入れてません。
買い物に行ったらパプリカの値段の高さにびっくりしちゃってw
パプリカって1個で300円近くするのね!
彩を気にする方は赤や黄色のパプリカを使うと良いですよ!
後この料理の注意するところだけど、油通しが終わって炒める時は最大火力で出来るだけ手早に調理するって事と、油通しが終わった食材の油は出来るだけしっかり切るってことかな。
中華屋さんで良く油ギトギトになってるの見るけど、あれはあれで美味しいんだけど胃がもたれちゃうからね!
あと、最近のコーティングしてあるフライパンは強火が使えないからそう言う場合は仕方ないので中火で行ってください。
出来るだけ強火で仕上げたほうが美味しくできますが・・・
ま、一般家庭の強火って限界ありますからねf^^;
てな訳で、ご飯のおかずに合う本格中華、鶏肉のカシューナッツ炒めのレシピでした!

 based on 2 customer reviews

コメントを残す