圧力鍋で作る大根と豚軟骨の柔らか煮のレシピ

大根と豚軟骨の柔らか煮

大根と豚軟骨の柔らか煮

メイン

前回のふろふき大根に引き続き大根料理パート2!
って、ふろふき大根だけじゃおかずにならないから作っただけなんだけどf^^;
鰤大根とかは良く有るので、今回は豚軟骨を使ったガッツリ系の料理になります。
豚軟骨にはコラーゲンもたっぷり入っているので美容にも良いはずだから、男だけじゃなく女性にも嬉しい一品になるかと・・・(笑)
大根にも、消化促進、二日酔い防止、ガン予防などの効能があるらしいので、美味しく食べて体に良い和食って感じかな?
って、結構味付けを濃くしたのでご飯が進みすぎて食べ過ぎてたら健康もクソも無いわな(汗)
ってな訳でレシピですf^^;

材料(4人分

栄養価(100g中)

  • カロリー:約154.6Kcal
  • 脂肪分:約7.3g

  1. 豚バラ軟骨=600グラム
  2. 大根=3cm厚ほどの輪切り=4個
  3. 純米酒=400cc
  4. 醤油=200cc
  5. 本みりん=100cc
  6. 砂糖=大匙1杯程度
  7. 葱=適量

今回使用している調味料
みりん=宝 本みりん 純米
純米酒=山形県産純米酒 住吉 銀 極辛口+7
醤油=井上醤油店の井上古式本醸造醤油

大根の下処理

大根の皮をむく

大根の皮をむく

大根はふろふき大根の時と同じように厚めに皮をむき、4つ切りにして面取りをしておきます。
画像は大根の輪切りですが、赤枠の部分は筋が有って固いので、この部分を削ぐように皮をむいてください。
むいた皮は捨てるには勿体無いのでキンピラにすると良いです。
あまった大根の皮のキンピラのレシピ

レシピ(調理時間: 下処理: / 計:

豚軟骨を圧力鍋で煮る

豚軟骨を圧力鍋で煮る

作り方は至って簡単!

  1. 豚バラ軟骨を鍋に敷き詰め、分量の純米酒・醤油・味醂・砂糖を注ぎます。
    ヒタヒタになる程度の調味液が必要ですので、調味液の量が足りない場合は足してください。
  2. あとは圧力の蓋をして最初は強火、圧力が掛かって来たら弱火にして5分したら火を止めます。
  3. 圧力が完全に抜けたら再加熱して圧力が掛かって来たら弱火で5分。5分間圧力をかけたら火をとめ圧力が抜けるのを待ち再び加熱して5分間圧力をかけたら火をとめます。
    要するに圧力を5分間3回掛けるってことです。

大根を入れる

大根を入れる

  1. 3度目の圧力が抜けたら蓋を開け、下処理をしておいた大根を均等に並べて蓋をして再加熱します。
  2. 圧力が掛かって来たら弱火にして5分で火を止めます。

大根と豚バラ軟骨の柔らか煮

大根と豚バラ軟骨の柔らか煮

  1. 圧力が抜けたら出来上がりです!

材料をぶち込んで火を点けたり止めたりするだけなので誰にでも出来ると思いますよん♪
圧力鍋も活用方法次第で色々な料理が短時間で出来ますから利用しないては無いですな!
って、ワシの場合、殆どがわざわざ時間が掛かる料理にしてしまってますがf^^;
とにかくご飯が進む一品ですぞ!
お試しあれ~

 based on 0 customer reviews

コメントを残す