熊本の赤牛阿蘇王のステーキフレンチ風

熊本阿蘇王のステーキ

熊本阿蘇王のステーキ

メインディッシュ

昨日熊本の友人から熊本の赤牛阿蘇王のサーロインが届いた!
今年の2月、熊本に撮影に行った時にその友人に赤牛を御馳走になったのだが、その味の話を先日電話でしていた矢先の事であった。
実は先日の熊本震災の後、彼女の旦那さんが珈琲好きなのを知っていたので、何もしてあげられることが無いからとお菓子とワシが焙煎したコーヒーを数種類を何回か送ったのだが、震災の最中だった為か、たったそれだけの事でえらく感謝されてしまい今回赤肉を送ってくださったそうなのだ。
って、珈琲と赤肉じゃ割に合わないでしょ(汗)


熊本のブランド赤牛 阿蘇王

熊本のブランド赤牛 阿蘇王

で、届いたお肉がこちら!
しっかり梱包された熊本のブランド赤牛 阿蘇王のサーロイン200グラムがなんと3枚!
昨日届くことが分かっていたので、この高級お肉に失礼にならぬよう、付け合わせ用に鎌倉野菜を数種類購入してきた。
ついでにソースもグラス・ド・ビアンドを先日作ったばかりなので、そいつを使ってフレンチ風に仕上げてみることにしました。

材料(2人分

栄養価(1人分)

  • カロリー:約1093Kcal
  • 脂肪分:約101.3g

  1. 阿蘇王=200グラム×2枚
  2. 黒胡椒=適量
  3. 塩=適量
  4. 付け合わせ

  5. スティックチャード=適量
  6. スティックニンジン(黄色・紫・オレンジ)=それぞれ半分ずつ
  7. 破竹ダケのタケノコ=先の柔らかい部分1本
  8. フルーツトマト(ゼブラ・アイコ・その他)=各半分
  9. バター=15グラム
  10. 塩=適量
  11. ソース

  12. グラス・ド・ビアンド=50cc
  13. マデラ酒=大匙1.5杯
  14. 赤ワイン=大匙1.5杯
  15. バルサミコ酢=大匙1杯
  16. 黒胡椒=適量
  17. 塩=少々(一つまみ弱)

【使用している調味料・酒類】
バルサミコ酢=マツェッティ エキストラアセト バルサミコ酢
塩=パハール岩塩
マデラ酒=バーベイト マディラ スウィート
赤ワイン=浜田ワイナリーの赤ワイン
グラス・ド・ビアンド=自家製グラス・ド・ビアンド

レシピ(調理時間: 下処理

  1. 赤牛は冷蔵庫から出し、両面に黒胡椒と塩を振りかけ20分程度常温に置いておきます。
    冷蔵庫から出したばかりだと、温度が低すぎて中心まで火が入らない為美味しく焼けない為です。
  2. スティックニンジンと破竹の竹の子は4~5cmの長さに揃え、縦に4等分します。
  3. スティックチャードは茎の部分を5cm程度の長さに切り、縦に5mm程度に切っておきます。
    葉の部分は適当な大きさに切りそろえます。
  4. トマトはそれぞれ4分の1に切っておきます。

フレンチ風ステーキソース

フレンチ風ステーキソース

  1. 小鍋にグラス・ド・ビアンド、マデラ酒、赤ワイン、バルサミコ酢を入れて弱火で煮詰め、最後に黒胡椒と塩で味を調えればソースの出来上がりです。
    煮詰め加減は、元の分量の5分の1程度になってとろみが付けばよいです。
  2. 同時進行でスティックチャード以外の付け合わせ野菜を、250度のオーブントースターで4分ほど焼きます。
    スティックチャードは別鍋でバターで軽く炒め、最後に塩を一振りします。

熊本阿蘇王のステーキ

熊本阿蘇王のステーキ

  1. ソースと野菜の調理の進み具合を見ながら同時進行で肉を好みの焼き加減に焼きます。
    表面は強火で焼き上げ、温度を下げてフライパンにふたなどをかぶせ徐々に中に火が入るように焼いてください。
    今回はレアで焼き上げました。
  2. 焼きあがった肉を皿に盛り、付け合わせ野菜を盛りつけて最後にソースを回しかければ出来上がりです。

毎度思うけど、盛り付けって難しいよねぇ。


今回頂いた阿蘇王ですが、頑張ってソースも作ってみましたが、実は塩胡椒だけの方が美味しいと思いました(汗)
いえ、ソースの味はかなり美味しく出来たのですが、阿蘇王の肉自体が美味しいのでソースは邪魔かな?と思ったのです。
多分他の安い肉ならソース有りの方が美味しいのだと思います。

熊本の赤牛「阿蘇王」は、脂がしつこくなく甘味が有り、肉の香りもとても良くてあっと言う間に食べきってしまいました。
単に柔らかいだけの霜降りの度が過ぎた牛肉とは雲泥の差!
度の超えた霜降り肉って、しつこくて柔らかいだけで美味しさを感じませんからね。
メディアなんかで「柔らか~い!」とか言っている食レポに使われるような霜降り肉、馬鹿の一つ覚えみたいに思えるんですよねぇ。
あれだけ脂が入ってりゃ柔らかいのは当たり前、と言うより脂食ってる様な物に感じます。

まぁ、それも好みなのでしょうけどねぇf^^;
その点「阿蘇王」は、脂と赤身のバランスが良く、赤身の味もちゃんとする美味しい肉でした。

200グラムがあと1枚あるので、明日は塩と胡椒だけで食べようかな♪
ホント、コーヒー程度のお礼でこんなに美味しい物を頂いてしまって、誠にありがとうございましたm(__)m

近日中にまた何かお返ししないとなぁ~f^^;

 based on 7 customer reviews

コメントを残す