デュラムセモリナ粉100%の手打ちパスタの作り方

フェットチーネ

フェットチーネ

以前に渡り蟹のクリームパスタで生パスタの作り方を掲載したのですが、2005年とかなり昔だったので今回は動画で撮ってみました。
このレシピブログも開設してからもう14年経つのですなぁ・・・
って言うか、パスタマシンも14年以上使ってるんだわ(汗)
今回久しぶりに使ったので、麺を打つ前にパスタマシンの分解掃除からやってしまいました(笑)
ってなわけでまずは動画をご覧くださいな♪

生パスタの作り方【デュラムセモリナ粉100%】

デュラムセモリナ粉100%で作るモチモチの生パスタ(フェットチーネ)の作り方です。




Youtubeで見る

宜しければチャンネル登録お願いします♪

材料(3人分

メインディッシュ

栄養価(100g中)

  • カロリー:約247Kcal
  • 脂肪分:約1.9g

  1. デュラムセモリナ粉=230g
  2. 卵(Mサイズ)=2個
  3. EXVオリーブオイル=大匙1程度
  4. 塩=一つまみ程度

【今回使用している材料】

レシピ(調理時間: 下処理: / 計:

卵とオリーブオイルを混ぜる

卵とオリーブオイルを混ぜる

  1. 卵を割りほぐしてオリーブオイルを入れ、良く混ぜ合わせます。

セモリナ粉に卵を入れる

セモリナ粉に卵を入れる

  1. セモリナ粉に塩一つまみを混ぜたら中心を窪ませ、割りほぐした卵を流し入れます

ソボロ状にする

ソボロ状にする

  1. フォークなどを使い外側から卵液の中にセモリナ粉を崩すように入れながら混ぜ、ソボロ状になる様に全体に卵液をなじませます。

ボールの中で捏ねまとめる

ボールの中で捏ねまとめる

  1. 全体に卵液が行き渡りソボロ状になったら手で捏ねてある程度生地をまとめます。

台の上で捏ねる

台の上で捏ねる

  1. ある程度まとまったら台の上で力を掛けて5分程捏ねます。

生地を30分休ませる

生地を30分休ませる

  1. デュラムセモリナ粉は粒子が粗く水分が染み込むまで時間がかかるので、5分程したらラップで包み30分ほど休ませます。
    30分ほど経過すると粉の中まで水分が浸透し捏ねやすくなります。

力を入れて10分程捏ねる

力を入れて10分程捏ねる

  1. 30分経過したら台の上で力を入れながら10分程捏ねます。
    寝かせたことでかなり滑らかになり捏ねやすくなっていると思います。

フィンガーテスト

フィンガーテスト

  1. 10分程捏ねたら団子状にし、中心を指で窪ませ生地の戻りをフィンガーテストします。
    捏ね方が足りないと窪んだ部分はそのままになると思いますので再度捏ねます。
    3秒ぐらいで元通り程度まで復元すれば捏ねあがりです。

パスタマシンで伸ばす

パスタマシンで伸ばす

  1. 捏ねあがった生地は半分にして、パスタマシーンで伸ばします。
    初めはダイヤルを一番厚くセットし、伸ばして四つ折り⇒伸ばして四つ折りを5回繰り返し行います

    これを繰り返す事で出来上がりがモチモチとした弾力とコシが得られます。

数回に分けて薄く延ばす

数回に分けて薄く延ばす

  1. 6回目で生地を輪の様に繋げた状態にして3回程に分けて少しずつ薄く延ばしていきます。

生地を伸ばす工程は、パスタマシンが無い方は頑張って麺棒で伸ばしてください。


ナイフでフェットチーネを成形

ナイフでフェットチーネを成形

  1. 包丁やナイフで麺にする場合、伸ばした生地に打ち粉をし、画像の様にロールします

ナイフで好きな幅にカットする

ナイフで好きな幅にカットする

  1. 巻いた生地を、ナイフで好きな幅にカットすればフェットチーネの出来上がりです。

フェットチーネに成形

フェットチーネに成形

  1. パスタマシンが有る場合はフェットチーネ刃で生地を麺にします。

フェットチーネ

フェットチーネ

  1. 出来上がった麺がくっ付かないように打ち粉をし、画像の様に丸めて置けばフェットチーネの出来上がりです。

寝かせる時間は掛かりますが、モチモチ食感の美味しいパスタに仕上がりますよ♪

 based on 11 customer reviews

コメントを残す