うるか

苦うるか 子うるか

苦うるか 子うるか

先日たまたま食戟のソーマと言うアニメを見ていたのですが、そこで即席のうるかってのを使ってましたよね?
で、これもたまたまなのですが、現在生駒水産さんという熊本の鮎の養殖業者さんのサイトを作っていまして、丁度うるかの販売ページを作っていたのでついでに記事(と言うかネタ)にさせていただきますf^^;
そもそもうるかとは何ぞや?と言う方もいると思います。
うるかとは、簡単に言っちゃうと鮎の塩辛のことです。
うるかにも数種類ありまして、内臓で作る苦うるかと、卵巣と精巣で作る子うるかなどがあります。
漢字で潤香と書く様に、芳香な香りと凝縮された旨みが口に広がり、日本酒にとても良く合う珍味です。
本格和食料理店などでも古くから料理の隠し味などにも使われていたりします。
ワシも今まで色々なうるかを食べてきましたが、生駒水産さんのうるかは格別です!
数年前に天然鮎より美味しい鮎と言う記事を書きましたが、実際に熊本まで行って育てている所を見てきましたが、何と言っても鮎の育て方とその環境、そして拘りがすばらしい!
名水百選にも選ばれている「浜宮湧水」と言う湧き水で適度な運動をさせながら育て、餌にもかなり拘っていました。
鮎自体も「本当にこれが養殖?」と思わせるほど美味しい鮎ですので、そんな鮎の内臓で作ったうるかが不味いわけありません。
しかも、と言うか、当然ながら天然塩のみで余計な調味料を使わない完全無添加!
他で販売されているものは旨み調味料などを入れた物が多い中、徹底的な本物志向です。
気になった方は、是非生駒水産さんのうるかを試してみてください。
うるか好きならば必ず納得できる味だと思います。

そういえばそろそろ鮎釣りも解禁になりますねぇ!
ワシは釣りは色々やりますが、鮎釣りはやらないので(お金掛かるからf^^;)今年も生駒水産さんの鮎を注文するつもりですw

コメントを残す